オーストラリア湾保護運動をサーフィンムービーと一緒に

 美しい南極海を見つめるダン・ロス。写真:ジョン・フランク

美しい南極海を見つめるダン・ロス。写真:ジョン・フランク

 

みんなオーストラリアが大好き。森林の永久伐採権、どろどろの底なし沼、毒ヘビ、かわいいコアラ、ミートパイ、アボガドスマッシュ、ラッシュガード、ジャンパー(セーターのこと)、フラットホワイト(ミルク入りエスプレッソ)、Coopersビール。どれもいいものだけど、何より楽しいのは、パタゴニア・オーストラリアの関係者全員が年に1回国内で集まり、サーフィン(またはフォイルやカイト)をすること。顔を合わせ、ボードの機能を確かめ、地元の問題について情報を得る。

先月下旬、私たちはバイロンのオーストラリア人クルーと合流し、映画『Never Town』の最初のロケ地であるトーキーに滞在した。パタゴニア・オーストラリアが製作するこの映画のテーマは、サーファーと自然との絆、そしてその場所を守りたいという気持ち。ウェイン・リンチのユーモアと、ダン・ロス、デイブ・ラスタビッチ、ベリンダ・バグス、ヒース・ジョスケによる見事なマニューバーも満載です。ぜひ仕事の手を休めてご覧ください。

 
 湾で右向きの波に乗るダン。写真:ジョン・フランク

湾で右向きの波に乗るダン。写真:ジョン・フランク

 泡立つ湾。写真:スチュ・ギブソン

泡立つ湾。写真:スチュ・ギブソン

 

『Never Town』のもうひとつの焦点は、これまで深すぎる、危険すぎると考えられてきたグレートオーストラリア湾の海底油田掘削の可能性が非常に高まってきたこと。パタゴニア・オーストラリアは、自然のままの海に油田掘削が与える環境的リスクを認識し、多数のサーフィン関連ブランドと提携し、湾内の掘削に正式に反対し、石油会社(Statoil)に直接交渉しました。

オーストラリアの南海岸へ行ったことがある方なら、この地域の形容しがたい野性的な美しさをご存知でしょう。行ったことがある方も、そこに友人がいらっしゃる方も、ぜひ問題について知り陳情書に署名するなどしてご支援ください。

米国カリフォルニア州ベンチュラで生まれたFCDは、繊細な環境における掘削の影響を痛いほど知っています(レフュジオ原油流出事故、そしてサンタバーバラ海岸に原油が押し寄せたことを思い出してください)。オーストラリアの友人や家族を支援し、そのような被害からグレートオーストラリア湾を守りましょう。お近くの映画館で『Never Town』が公開されたときはお見逃しなく!

 
FCD Surfboards_Japan_Blog-GAB-1600pxX900px4.jpg
Jessica Salcido